白老

忍ペンまん丸(漫画)の登場人物。読みは「はくろう」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
忍ペンまん丸(漫画)
正式名称
白老
ふりがな
はくろう

総合スレッド

白老(忍ペンまん丸)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

甲賀流の頭領の忍者の猿。伊賀流黒龍斎に息子を殺されたことから憎しみを抱いている。ガン吉同様、友達がいない。つまらない小噺を披露するのが得意。

登場人物・キャラクター

甲賀流の忍者でスパイ役の猿。卑怯な手を使うのが得意で、そのせいか友達がいない。よく念雅山へも偵察に来るが、ネンガ様やまん丸に命を救われたこともある。
伊賀流の頭領の忍者の犬。好戦的だがこども好きなため、まん丸には甘い。白老の息子を殺した報復として自分の妻を殺された。狂犬病を患っており、発作が起こると性格が豹変してしまう。

関連キーワード

『忍ペンまん丸』に登場する流派。動物忍者三流派の一つ。猿の忍者集団。念雅山の東にある甲賀の山の岩屋に住んでいる。現在の頭領は白老。

登場作品

念雅流忍者の頭領であるネンガのもとにじいやが連れてきた新しい仲間は、忍者とは程遠いおっとりしたペンギンだった。まん丸と名付けられたペンギンは、念雅山で仲間と友に忍術の修行に励んでいく。