• CLOVER (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • 白花苜蓿計画

白花苜蓿計画

白花苜蓿計画

CLOVER(漫画)に登場する用語。

登場作品
CLOVER(漫画)
正式名称
白花苜蓿計画
ふりがな
くろーばー・りーふ・ぷろじぇくと
関連商品
Amazon 楽天

概要

政府が企画し軍部(特に、裏の権力者である評議会の5人の魔術師(ウィザード)たち)がその主導権を握っていた。10年前、国中から魔法を使える子供を探し出し、様々な試験を施した。その中でも最も力の強いものが四葉と呼ばれ、あまりにその能力が予測不能なため施設に閉じ込められている。三つ葉は3人だったのが、1人は殺され、1人は銀月中佐の元に身を寄せ、残る1人は姿を消した。

二葉である銀月は自らの体内に自爆装置を埋め込み、残る寿命が5年と言う三つ葉のを管理する役を買って出た。そして、一つ葉である織葉は何者かに射殺されて死亡。四葉であるスゥ妖精遊園地で自ら命を絶った。

彼らは皆その刻印としてクローバーの入れ墨を持つが、この計画はほぼ頓挫したといってもいい。

登場作品

CLOVER

魔法使いと機械文明が融合した中国風の世界で、白花苜蓿計画(クローバー・リーフ・プロジェクト)という実験に翻弄された人物たちのSFファンタジー。元軍人にして今は探偵の琉・F・和彦が軍の評議会の依頼を受け... 関連ページ:CLOVER

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
CLOVER
logo