白鳥 貴久

ブラックジャックによろしく(漫画)の登場人物。読みは「しらとり たかひさ」。

  • 白鳥 貴久
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ブラックジャックによろしく(漫画)
正式名称
白鳥 貴久
ふりがな
しらとり たかひさ

総合スレッド

白鳥 貴久(ブラックジャックによろしく)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

永禄大学付属病院第一外科 英二郎と出久根の指導医。春日部教授の手術では、助手として皮膚切開の後を継いで続行する。手は遅いが丁寧な手術をする。医療の未来を変えるため、教授の座を目指している。助からない患者の延命治療が医療費を圧迫する社会悪だとし、治療を止めるよう英二郎を諭す。

しかしそれは、かつての自分が同じように治療の続行を訴え、後悔したからだった。

登場人物・キャラクター

永禄大学付属病院の研修医として第一外科から各科で3カ月間研修を行う。研修医としての月給は3万8千円と生活できないので、当直医としてバイトをしている。医療の現場における理不尽なことに本音でぶつかるため、...

関連キーワード

『ブラックジャックによろしく』に登場する病院。英二郎が研修医として勤めている。医療については超一流の最先端医療を行っている。坂の上にあり、英二郎は毎日自転車でこの坂を登っている。三鷹にある。

登場作品

斉藤英二郎は永禄大学附属病院に勤務する研修医。各医局を巡りながら、斉藤が目にする医療の現場における過酷な現実。終末期医療と医療費問題、研修医のアルバイト問題、転院と医局の関係性、病院・医師ごとの技術レ...