白龍

白龍

釘師サブやん(漫画)の登場人物。読みは「はくりゅう」。

登場作品
釘師サブやん(漫画)
正式名称
白龍
ふりがな
はくりゅう
関連商品
Amazon 楽天

概要

ゴト師組織の神竜組に所属する。禿げ頭の盲目で、体格のいい男。サブやんの務める第一ホールをつぶす計画である第一ホール総攻撃の第一陣を、雲竜金竜とともに実行した。ゴト師技、神竜白糸がえしで、パチンコ台の金枠をこじ開けて、玉を大量に出した。のちにサブやんに捕まって、黒幕を白状するように迫られると、白状するので警察に突き出してほしいと懇願。

解放されると殺されるからと、組織からの報復を何より恐れた。

関連人物・キャラクター

やらずの竜

ゴト師組織の神竜組の首領。本名竜二。黒い帽子に黒いコートと、黒い右目の眼帯をした男。非情な男で、人を信じず、近寄ってきた赤ちゃんを足で蹴るような男。ゴト師仲間では知らないものはなく、天竜、金竜、銀竜、... 関連ページ:やらずの竜

関連キーワード

神竜白糸がえし

『釘師サブやん』の登場人物で神竜組の白龍が使うゴト師技。パチンコ台の金枠をこじ開け、その隙間にセルロイドのテープを入れて打った玉が入賞穴へ流れるように道をつくる技。細工をすると、警報機が鳴るようパチンコ台を改良したサブやんに捕まってしまった。

登場作品

釘師サブやん

釘師のサブやんが、美球一心や北海の無法虎などのパチプロたちと対戦。ときにはパチプロとの友情を芽生えさせながら、成長していく姿を描く。パチンコ業界に対する描写が、フィクションも交えて詳細かつ丁寧で、当時... 関連ページ:釘師サブやん

SHARE
EC
Amazon
logo