百合城 銀子

百合城 銀子

ユリ熊嵐(漫画)の登場人物。読みは「ゆりしろ ぎんこ」。

登場作品
ユリ熊嵐(漫画)
正式名称
百合城 銀子
ふりがな
ゆりしろ ぎんこ
関連商品
Amazon 楽天

概要

元気いっぱいで、誰に対しても明るく笑顔で接することのできるコミュニケーション能力の高さを持つ、学校の人気者。ショートカットがトレードマーク。椿輝紅羽のクラスに編入してきた。紅羽いわく「美少女転校生」。実際はクマの森の王族で、人間を演じるクマと、本物の人間を見分ける事ができる。

椿輝紅羽を運命の人だと確信して、告白。天然な彼女に惚れ込む。一方で、生徒会長の少年に好かれており、彼には、紅羽に手を出すのは許さないと宣言する。銀子の母親から、椿輝紅羽に恋をするのなら、人間に対してその思いは叶わないから、食べてしまいなさい、と忠告をされる。マヨ紅鮭が好き。

関連人物・キャラクター

椿輝紅羽

16歳の高校生。男性に見られるのが怖い。メガネをかけ、いつも自分を地味で透明な存在だと考えている内気な少女。透明な嵐の中に人喰い熊があらわれて食べられる夢をよく見る。クラスメイトに転入してきた百合城銀... 関連ページ:椿輝紅羽

関連キーワード

クマのぬいぐるみ

百合城銀子がいつも持っていて、夜な夜な話しかけている。銀子の母親は病弱で療養のため、遠い場所に住んでいる。その代理として銀子はこのぬいぐるみを大事にしている。 関連ページ:クマのぬいぐるみ

登場作品

ユリ熊嵐

自分に自信のない椿輝紅羽はいつも、透明な嵐の中に人喰い熊が現れて、食べられてしまう夢を見る。そんな彼女が出会ったのは、明るい学園の人気者の転校生、百合城銀子。紅羽は高校に入って初めて友人ができたとはし... 関連ページ:ユリ熊嵐

SHARE
EC
Amazon
logo