百合川 サキ

百合川 サキ

ゾンビ屋れい子(漫画)の登場人物。読みは「ゆりかわさき」。れい子とはライバル関係。百合川みどりとは親族関係にある。

登場作品
ゾンビ屋れい子(漫画)
正式名称
百合川 サキ
ふりがな
ゆりかわさき
関連商品
Amazon 楽天

概要

白池町幼女29人連続殺人犯である女子高生。妹の百合川みどりが死んだと思っており、代わりとなる幼女を誘拐しては殺していた。姫園れい子と闘い、相討ちになる形で死亡。以後、れい子の忠実なゾンビとして姫園リルカら様々な敵と戦う。武器は主にナイフを使うほか、チェーンソーを使ったこともある。

関連人物・キャラクター

百合川みどり

百合川サキの2歳下の妹で、6歳の時にサキに階段から落とされ頭を打ち、10年間昏睡状態にあった。そのため肉体は16歳だが精神は6歳のままであり、また、頭を打ったショックで運動に関する神経が異常発達してお... 関連ページ:百合川みどり

れい子

17歳の女子高生。声が届く範囲にいる死者をその場でゾンビ化して蘇らせ、真実を語らせることで報酬を得る「ゾンビ屋」を生業としている一族の娘であるゾンビ使い。百合川サキ、百合川みどりといったゾンビを召喚し... 関連ページ:れい子

登場作品

ゾンビ屋れい子

女子高生・姫園れい子は、死体をゾンビ化して蘇らせる能力を持ち、死人に真実を語らせることで報酬を得る「ゾンビ屋」を生業にしている。その能力で様々な事件を解決していたれい子はある時、幼女29人連続殺人犯で... 関連ページ:ゾンビ屋れい子

SHARE
EC
Amazon
logo