百地 三太夫

黒の獅士(漫画)の登場人物。読みは「ももち さんだゆう」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
黒の獅士(漫画)
正式名称
百地 三太夫
ふりがな
ももち さんだゆう

総合スレッド

百地 三太夫(黒の獅士)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

伊賀忍者の頭領。娘・小夜に子を授けた不思議な男から、「生まれてくる子は魔王信長を倒す天命がある」と告げられる。実は未来人であり、時間局の局員として戦国時代に駐屯していたが、白魔によって殺害される。

関連キーワード

『黒の獅士』に登場する組織。作中に登場するのは23世紀の時間局で、それより未来にも時間局が存在している。23世紀の時間局は、トンネル型のタイムマシンを運用しており、戦国時代の異変を察知してタイムパトロ...

登場作品

時は戦国。伊賀忍者の中でも超人的な力を持つ天王獅子丸は、頭領百地三太夫から、美濃国主斉藤道三の暗殺を命じられる。しかし、道三の警護には、不死身の武芸者銅磨陣内が就いていた。獅子丸は苦戦の末、陣内を倒す...