百日のウツセ

カムイ外伝 第二部(漫画)の登場人物。読みは「ももかのうつせ」。夙のカムイとはライバル関係。

  • 百日のウツセ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
カムイ外伝 第二部(漫画)
正式名称
百日のウツセ
ふりがな
ももかのうつせ

総合スレッド

百日のウツセ(カムイ外伝 第二部)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

生まれてから100日もたたぬうちに捨てられ、伊賀の下忍不動に拾われ育てられた下柘植の下忍。優れた剣の才能を見込まれ、尾州柳生の道場に下働きとして預けられた。そこから不動を倒したカムイの追忍となって旅立った一方、柳生新陰流の秘太刀を密かに会得したため、尾州柳生から狙われることになる。

岩津藩でカムイと戦ったウツセは技で圧倒するが、油断したため崖から落とされ倒せなかった。後に旅の少年小兵太と道連れになり、尾州柳生との決戦の後でカムイと再対決するも敗れ去ったが、亡くなる前に小兵太の父馬来十蔵をかつて殺したのが自分であることを小兵太に明かしている。

登場人物・キャラクター

夙谷の非人部落出身の天才忍者。自由を求めて忍者になったが、その非情な掟に反逆して抜け忍となり、同郷の追忍たちから追われる身となった。変移抜刀霞斬りや飯綱落とし、十文字霞崩しなどの必殺技を持つ。旅先では...

登場作品

江戸時代の寛文年間、非人とされる部落民から忍者となったカムイは非情な宿命に反逆して抜け忍となり、追っ手の追忍たちに狙われては打ち倒していく。逃亡の旅の中で同じ抜け忍や盗賊一味の小頭など、様々な困難を背...