百秋坊

バケモノの子(漫画)の登場人物。読みは「ひゃくしゅうぼう」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
バケモノの子(漫画)
正式名称
百秋坊
ふりがな
ひゃくしゅうぼう

総合スレッド

百秋坊(バケモノの子)の総合スレッド
2016.09.01 15:33

概要

中年男性を思わせるバケモノ。豚と人間を合わせたような姿をしており、大きな耳と鼻を持つ。修行の身を自称する僧侶で、物静かで穏やかな性格。異世界・渋天街に住んでおり、がチンピラのようなバケモノに捕まっているところを助けるなど、渋天街でも一目置かれている。熊徹とは古い馴染みで、その粗暴な性質を知り抜いている。

まだ子供のに対して手荒い扱いをする熊徹に対して度々忠告はするものの、聞き入れて貰える様子がない。

登場作品

母を喪い、帰る場所を無くした少年・蓮は、渋谷の街をさまよい歩くうち、バケモノの住む異世界である渋天街に迷い込んでしまう。粗暴だが気のいいバケモノ・熊徹に引き取られ、九太と名付けられたが、熊徹との生活は...