百鬼丸

百鬼丸

どろろ(テレビアニメ)の主人公。読みは「ひゃっきまる」。醍醐景光とは親族関係にある。

登場作品
どろろ(テレビアニメ)
正式名称
百鬼丸
ふりがな
ひゃっきまる
関連商品
Amazon 楽天

概要

戦国時代の武将醍醐景光の息子。天下取りを願う父が四十八体の魔像と取引したために、体の四十八箇所が欠損した状態で生まれた。すぐに父によって捨てられるが、医者の寿光によって拾われ、百鬼丸と名付けられた。

十数年後、四十八体の魔像から自らの出生の秘密を告げられると、奪われた体を取り戻すために寿光の元を旅立つ。視覚や聴覚の能力は無いが、テレパシーで外界と接することが出来る。寿光の作った義手に刀、義足には強力な酸を仕込んでいる。

旅の途中で、犬のノタや泥棒の子供どろろと出会い、共に行動する。四十八体の魔物を倒す度に、体の一部を取り戻す。

関連人物・キャラクター

どろろ

夫婦野盗の火袋とお自夜の子供。幼い頃に両親を侍に殺され、天涯孤独で戦乱の世を生き抜いている。身のこなしは俊敏で、妖怪と戦う百鬼丸を得意な石の投擲で助けることもあった。身なりは少年だが、実は少女である。

四十八体の魔物

『どろろ』に登場する魔物。地獄堂と呼ばれ御堂にある四十八体の魔像に宿り、戦国時代の武将醍醐景光が天下取りの野望と引き換えに、生贄に差し出された百鬼丸の体の一部を奪った。その後、成長した百鬼丸に出生の秘... 関連ページ:四十八体の魔物

醍醐景光

百鬼丸の父親である、戦国時代の武将。加賀の守護大名である富樫正親の家臣だが、天下取りの野心を抱き、四十八体の魔物と我が子の体を引き換えに取引をする。その取引の証として、額に「×」の印をつけられた。 妻のお縫の方の嘆きも無視して、生まれたばかりの百鬼丸を捨てさせ、その後生まれた多宝丸を嫡男として育てる。

ノタ

『どろろ』に登場する犬。戦乱で焼け出された村の生き残りの少女みおや孤児達と共に暮らしていた子犬。みお達の死後は百鬼丸と共に旅をする。いつも被っている烏帽子がトレードマーク。

関連キーワード

寿光

登場作品

どろろ

手塚治虫の異色少年漫画を、手塚自身の制作スタジオである虫プロダクションがアニメ化。戦国時代を舞台に、呪いによって奪われた自らの体の取り戻すために妖怪を戦い続ける少年百鬼丸と泥棒の子供どろろの旅を描いた... 関連ページ:どろろ

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
四十八体の魔物
場所
原作
どろろ
logo