皇 北都

東京BABYLON(漫画)の登場人物。読みは「すめらぎ ほくと」。別称、北都。

  • 皇 北都
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
東京BABYLON(漫画)
正式名称
皇 北都
ふりがな
すめらぎ ほくと
別称
北都

総合スレッド

皇 北都(東京BABYLON)の総合スレッド
2016.07.27 13:25

概要

昴流の双子の姉。16歳。昴流と同じ新宿歌舞伎町のマンションの隣の部屋で一人暮らしをしている。幼い頃は昴流と一緒に陰陽師の修業をしていたが、能力は低く、2~3個の術が使えるだけ。見た目は昴流とそっくりだが、いつもド派手な独特のセンスのファッションをしている。

昴流の服を見立てているのも彼女。料理が得意。性格はとことん明るく、会話のノリが良い。誰に対しても本音で話し、ストレートな物言いは周囲を惹きつける。冗談交じりに昴流星史郎とくっつけようとしているが、それは何も執着しない昴流の特別を作ろうとする姉の想いからだった。

登場作品

多くの人が集まり、情念や怨念が渦巻く東京を舞台に、陰陽師の皇一族の13代目当主である主人公、皇昴流は日々、人に禍をもたらすさまざまな霊障を祓う仕事に追われ、忙しい日を過ごしていた。