皇帝

白いトロイカ(漫画)の登場人物。読みは「こうてい」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
白いトロイカ(漫画)
正式名称
皇帝
ふりがな
こうてい

総合スレッド

皇帝(白いトロイカ)の総合スレッド
2016.07.11 19:04

概要

鷲鼻で外ハネした顎鬚が個性的。かつてアンナ・ペトローヴナに恋をしたが、レフ・フョードル伯爵に嫁がれた過去がある。その後、他人を信じなくなり妻子も追放。12年前、圧政を改めるように具申したレフ・フョードルに死刑を言い渡した。お気に入りのレオ・コンスタンチン伯爵のところにいるロザリンダ・バジョーワの歌の評判を聞き、晩餐会を開催して招待。

レオを黒い鷹討伐隊の指揮官に任命したが、一度取り逃がしたため1カ月の猶予を与える。黒い鷹逮捕に成功したことでレオを公爵に取り立てた。黒い鷹が脱獄したため、関係者を処分。レオがその処分に反対したことで疑い始める。ナタリアの懺悔でレオが反逆者だと明かされたため、レオを捕縛し死刑と決める。

バゾフ公に逃がされたレオの仲間たちと、追放した息子アレクサンドルの兵が王宮に突入。自ら毒をあおって死ぬ。作中で名前は呼ばれないが、モデルは実在のロシア皇帝パーヴェル一世。

登場作品

貴族の娘であったロザリンダは、父がロシア皇帝に叛旗を翻そうとした際、難を逃れるため、辺境のザルトウ村の百姓であるバジョーフ夫妻に託される。彼女は、夫婦のもとでロタと呼ばれ愛されて育ったが、音楽と出会い...