皇 昴流

東京BABYLON(漫画)の主人公。読みは「すめらぎ すばる」。別称、昴流。

  • 皇 昴流
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
東京BABYLON(漫画)
正式名称
皇 昴流
ふりがな
すめらぎ すばる
別称
昴流

総合スレッド

皇 昴流(東京BABYLON)の総合スレッド
2016.07.27 13:25

概要

陰陽師の皇一族の13代目当主。16歳。幼い頃は京都で暮らしていたが、現在は東京で、国の要人の依頼を受け、様々な霊障事件を解決している。実は動物園の飼育係になるのが夢で、仕事で忙しい中、高校にも通っている。見た目は女の子のようにかわいらしく、よく女性に間違われる。幼い頃のおばあちゃんの言いつけで、どんな時でも手袋を外さない。

性格は素直で優しく、人の痛みを自分のことのように感じてしまう。その一方で誰に対しても特別に好きという感情を持たずにいた。星史郎と出会い、一緒に行動をしているうちに彼に特別な感情を抱いていく。

登場作品

多くの人が集まり、情念や怨念が渦巻く東京を舞台に、陰陽師の皇一族の13代目当主である主人公、皇昴流は日々、人に禍をもたらすさまざまな霊障を祓う仕事に追われ、忙しい日を過ごしていた。