盤石愚庵

釘師サブやん(漫画)の登場人物。読みは「ばんじゃくぐあん」。

  • 盤石愚庵
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
釘師サブやん(漫画)
正式名称
盤石愚庵
ふりがな
ばんじゃくぐあん

総合スレッド

盤石愚庵(釘師サブやん)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

体格のいい坊主。金札勝負の15番目の相手で、パチンコ台の前で念仏を唱える。穴破経(けっぱきょう)の巻物をサブやんに見せると、サブやんは戦意喪失してしまう。美球一心の師匠、桜十三の弟弟子にあたり、一心からはオジキと呼ばれる。秘打正村昇り竜を使うことができる。

パチプロを引退して山寺の坊主をしていたが、金札勝負に刺激されてやってきた。のちに、茜正村によってパチンコ界追放されたサブやんが、愚庵の山寺で修業するようになる。

登場作品

昭和30年代。渋谷のパチンコ店第一ホールで、茜三郎ことサブやんは、パチンコ台の釘の傾きを調整する釘師をしていた。そんなある日、パチプロ・美球一心が来店。サブやんが釘を締めて玉を出なくしていたパチンコ台...