盧俊義

水滸伝(漫画)の登場人物。読みは「ろしゅんぎ」。別称、玉麒麟盧俊義。

  • 盧俊義
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
水滸伝(漫画)
正式名称
盧俊義
ふりがな
ろしゅんぎ
別称
玉麒麟盧俊義

総合スレッド

盧俊義(水滸伝)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

北京一の金持ちで、武力も知力も優れている。晁蓋のあとに梁山泊の頭領になった宋江は、もっと能力の高い人間に頭領の座を譲ろうと思っていたところ、旅の僧に盧俊義の話を聞き、どうしても彼に梁山泊を治めてほしいと考えるようになった。そこで呉学人が策を練り、自ら演じて盧俊義を罠にかけて梁山泊に迎える。

その後盧俊義は、連れてきた従者の燕青とともに大活躍を繰り広げ、やがては国難と闘う梁山泊の主力となっていく。

関連キーワード

中国東部にある(現在の山東省済寧市)、沼地と水路に守られた天然の要塞である。近くに梁山という山があったため梁山泊という名になった。ピーク時は百八人の頭領と三万の兵力を抱えていた。

登場作品

中国北宋末期の徽宗皇帝の時代、悪徳役人や不正だらけの世の中で、武力と義侠心に富んだ者たちが、私欲を満たそうとする悪徳官吏や富裕者の理不尽な行いのせいで、アウトローの世界に向かわねばならなくなる。このよ...