目犍連、須菩提、摩訶迦葉、富楼那

目犍連、須菩提、摩訶迦葉、富楼那

百億の昼と千億の夜(漫画)の作品登場人物。読みは「もくけんれん、すぼだい、まかかしょう、ふるな」。

登場作品
百億の昼と千億の夜(漫画)
正式名称
目犍連、須菩提、摩訶迦葉、富楼那
ふりがな
もくけんれん、すぼだい、まかかしょう、ふるな
関連商品
Amazon 楽天

概要

惑星開発委員会のメンバーたち。波羅門の姿で釈迦国を訪れ、仏門に入った悉達多兜卒天梵天王の元へ導く。また、イエス生誕時にも東方の博士として祝福に現れ、ヘロデ王の虐殺からイエス親子をエジプトへ逃がすなどした。

関連キーワード

兜卒天

天上界における生命発生の原点にして、字数発生の原点となった場所。高度な科学力を持ち、宇宙全体を覆う衰亡の中で都市機構を維持している世界。天上界の支配者梵天王が身を置いている。首都はトバツ市。 関連ページ:兜卒天

惑星開発委員会

『百億の昼と千億の夜』に登場する組織。アスタータ50に根拠地を置き、“シ”からの指令を受け、宇宙に知的生命体を生み出し、高度な文明を作るというヘリオ・セス・ベータ型の開発を施した。そして各地に関与した... 関連ページ:惑星開発委員会

登場作品

百億の昼と千億の夜

アテナイの哲学者プラトンは、長年失われた大陸アトランティスについての研究を進めていた。ある時、アトランティスの子孫が住むというエルカシアの村を訪れたプラトンは、宗主によって自分自身がアトランティスの司... 関連ページ:百億の昼と千億の夜

SHARE
EC
Amazon
logo