直江 兼続

直江 兼続

概要

日本の戦国時代の武将・直江兼続をモデルとしている。越後の大名・上杉景勝の右腕と呼ばれた上杉家の筆頭重臣。前田慶次が上杉家の小姓たちと決闘騒ぎを起こしたことで慶次と知り合った。立会人として決闘を見届け、小姓たちを慶次が惨殺したことに憤る上杉家の古参の老将たちを一喝。

その器の大きさと肝の太さに感服した慶次に男として惚れ込まれ、終生の友となった。上杉家による佐渡攻めや、最上義明との激戦・長谷堂城の戦いで慶次とともに戦う。関ヶ原の戦いのあと、上杉家は大幅な減封処分を受けたが、自ら屋敷を訪ねて慶次を上杉家に迎えた。

関連人物・キャラクター

前田慶次

日本の戦国時代の武将・前田慶次郎をモデルとしている。加賀の大名、前田利家の甥で、身の丈六尺五寸(197cm)を超える大柄の武士。義に厚く、器の大きい自由気ままな風流人として生きる傾奇者にして、無類の戦... 関連ページ:前田慶次

上杉景勝

日本の戦国時代の武将・上杉景勝をモデルとしている。名将として名高い上杉謙信の跡目を継いだ重圧により、家臣の前では笑顔を見せることがなく、常に眉間に深い皺を寄せている。前田慶次が上杉家の小姓たちとの決闘... 関連ページ:上杉景勝

登場作品

花の慶次 ―雲のかなたに―

時は戦国時代末期、加賀前田家の武将・前田慶次は、お家の鼻つまみ者として、当主の前田利家に疎まれながらも、稀代の傾奇者として好き勝手に、そして雅に振る舞い、人々の信任を得ていた。もはやその大器に加賀は狭... 関連ページ:花の慶次 ―雲のかなたに―

SHARE
EC
Amazon
logo