相原 邦彦

ヨリが跳ぶ(漫画)の登場人物。読みは「あいはら くにひこ」。

  • 相原 邦彦
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ヨリが跳ぶ(漫画)
正式名称
相原 邦彦
ふりがな
あいはら くにひこ

総合スレッド

相原 邦彦(ヨリが跳ぶ)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

大久保ヨリが所属するオグリ製菓バレー部のコーチ。22歳。内定していた会社が倒産し、大学の先輩である高崎恭三がいるオグリ製菓の面接を受ける。会社まで案内してくれた親切な女性(阿久津明美)がバレー部のキャプテンと知り、入社を決意する。やる気は人一倍あるが、チームのメンバーからはあまり頼りにはされていない。

阿久津明美に幻想に近い憧れを持つ。

登場人物・キャラクター

18歳。沼里女子高の3年生でバレー部。得意技は、183センチの長身から繰り出す強烈なスパイク。ポジティブシンキングの固まりのような性格で、どんな困難に当たろうと決して自信を失わない。そのぶん思い込みも...

関連キーワード

『ヨリが跳ぶ』に登場する会社で、バレーボールチームを持っている。高校生だった大久保ヨリに内定を出し、卒業後は社員として採用する。大久保ヨリの活躍もあり、バレー部は実業団リーグで優勝。悲願のVリーグ入り...

登場作品

高校卒業を間近にひかえた大久保ヨリに、Vリーグの強豪チーム国舞リップスから声がかかる。しかし、それは選手としてではなく、練習でスパイクを打つ「打ち屋」としてだった。納得しきれないまま国舞リップスへ出向...