相楽 佐之助

相楽 佐之助

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(漫画)の登場人物。読みは「さがら さのすけ」。別称、喧嘩屋斬左。

登場作品
るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(漫画)
正式名称
相楽 佐之助
ふりがな
さがら さのすけ
別称
喧嘩屋斬左
関連商品
Amazon 楽天

概要

竹を割ったような性格で、兄貴肌。少年時代には、偽官軍として粛清された赤報隊に準隊士として参加しており、その時の恨みから新政府を快く思っていない。赤報隊隊長の相良総三の事を尊敬しており、同じ名字を名乗っている。その後は喧嘩屋という屋号で用心棒のような仕事をしており、その中で緋村剣心と対決。

剣心に敗れた後は新政府を恨む一辺倒の気持ちが徐々に変化していく。並外れた大きさの大剣、斬馬刀を振るう怪力と、非常に打たれ強い肉体の持ち主。後に悠久山安慈から奥義二重の極みを体得、やがては更に強力な三重の極みへと発展させた。新選組十番隊隊長、原田左之助をモデルとしている。

関連人物・キャラクター

緋村 剣心

幼名は心太。短身痩躯で赤毛の優男で、左頬に十字傷がある。一人称は拙者、語尾は「ござる」。天涯孤独の身だったが、幼少のころ比古清十郎に拾われ剣心という名を与えられ、古流剣術飛天御剣流を教わる。幕末期には... 関連ページ:緋村 剣心

関連キーワード

二重の極み

『るろうに剣心』に登場する技。破壊の極意とされる、あらゆるものを打ち砕く必殺技。攻撃の際に、衝撃を二回与えることにより、一撃目で対象の抵抗力を無くし、二撃目の衝撃を百%叩きこむ。悠久山安慈は、全身から... 関連ページ:二重の極み

登場作品

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-

幕末の動乱、「人斬り抜刀斎」と恐れられた維新志士緋村抜刀斎は、新時代・明治の幕開けとともに突如姿を消してしまう。抜刀斎の名を捨て緋村剣心として生きる事を決めた彼は、「不殺」の信念のもと、決して人を斬る... 関連ページ:るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-

SHARE
EC
Amazon
logo