相田 リコ

黒子のバスケ(漫画)の登場人物。読みは「あいだ りこ」。別称、カントク。

  • 相田 リコ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
黒子のバスケ(漫画)
正式名称
相田 リコ
ふりがな
あいだ りこ
別称
カントク

総合スレッド

相田 リコ(黒子のバスケ)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

誠凛高校二年生のバスケ部女子部員。トレーナーの能力に長けており、選手の体格を直に見れば身体能力や将来性まで見通すことができる。練習メニューの決定や相手チームの分析、作戦立案も担当し、実質的な部の指導者として「カントク」と呼ばれている。

登場人物・キャラクター

誠凛高校一年生のバスケ部部員。ポジションは不明。背番号は11。身体能力は平凡だが、目の前にいても気づかれないほど存在感が薄く、その特徴を活かしたミスディレクションでチームメイトを助ける。バスケの強豪校...

関連キーワード

東京都の共学校。バスケ部は創立2年目で、1年目はインターハイ都予選決勝リーグまで進出した。バスケ部監督は相田リコで、主将は日向順平。

登場作品

世界観現代日本の、黒子テツヤが所属する私立誠凛高校が置かれている東京都が主な舞台となっている。登場する学校等は架空のものだが、全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会(ウィンターカップ)が行われる東京...