相馬 光也

相馬 光也

ゴールデン・デイズ(漫画)の主人公。読みは「そうま みつや」。別称、光也。

登場作品
ゴールデン・デイズ(漫画)
正式名称
相馬 光也
ふりがな
そうま みつや
別称
光也
関連商品
Amazon 楽天

概要

『ゴールデン・デイズ』に登場するキャラクター。男子高校生。毎週土曜日は、祖父の見舞いに行く。十四年前の二歳の頃に一度、誘拐されている。ヴァイオリニストとしての才能を持ち、将来を嘱望されていたが、誘拐をきっかけに、自分自身外出に恐怖を覚えるようになり、また母が彼が一人で出歩くことを拒絶するため、断念した。祖父慶光の死の直後に起こった地震により、大正十年八月三十一日にタイムスリップしてしまう。

祖父の幼なじみであると出会い、しばらくの間、慶光と勘違いされるが、その後、彼とは異なる部分を認められ、光也として扱ってもらえるようになる。藤ノ森学園高等学校にも登校するようになった。と再会し、自分たちがタイムスリップしてきた意味と、運命が可変であるかどうかについて考えるようになる。

慶光の足跡をたどり、浅草の十二階下と呼ばれる私娼窟に赴き、そこで慶光を知る暴漢に襲われる。慶光と因縁を持つ女性つゆこに助けられ、売春を行っている彼女を助けようと奮闘する。春日家を年賀で訪れた際に、百合子を襲おうとした東堂という男性を取り押さえようとするが昏倒、その後、東堂が自分の杖によって、何者かに殴られているのを目撃し、逃走。

最終的に、自分自身が犯人ではないと判明した。から、常保が、暴行や罪を着せること、すべてを画策したのではないかと指摘され、過去を探り始める。と共に、つゆこの出身地であり、慶光の両親が死んだ場所である万倉谷温泉へと向かう。

常保百合子たちと共にいるという連絡をもらい、帰宅。常保と対面し、慶光から彼が慶光の両親を殺した真相をしたためた手紙を読んだ。激高したが、常保に向けて銃を撃つが、怒りのままに人を傷つけてはいけないと感じた光也がかばった。本来の歴史では、そこで常保が怪我をし、その二年後に死亡。

も不幸になるはずだった。すべてが終わったあと、に黒のナイトの駒を預けて、現世に戻った。曾祖父・慶光から皆のその後を聞く。その後、亜伊子の曾孫である生方より、の形見として黒のナイトの駒を返される。

登場作品

ゴールデン・デイズ

心に大きなトラウマを抱える男子高校生相馬光也は、曾祖父・慶光の死と転落事故をきっかけに、大正時代へとタイムスリップしてしまう。光也はそこで、若き日の慶光に間違われながら、生活することとなる。 関連ページ:ゴールデン・デイズ

SHARE
EC
Amazon
logo