眞鍋 七五三兵衛

眞鍋 七五三兵衛

村上海賊の娘(漫画)の作品登場人物。読みは「まなべ しめのひょうえ」。別称、旦那。

登場作品
村上海賊の娘(漫画)
正式名称
眞鍋 七五三兵衛
ふりがな
まなべ しめのひょうえ
別称
旦那
別称
七五三
別称
お父
関連商品
Amazon 楽天

概要

泉州海賊である眞鍋家の当主を務める若い男性。鉢巻きを巻いて前髪を上げ、もみあげを長く伸ばし無精ひげを生やしている。筋骨隆々で、村上景からは「筋肉だるま」と評されるほどの体格の持ち主。豪胆で、竹を割ったような性格。関西弁で話し、立場上周囲からは「旦那」と呼ばれている。景とは太田兵馬が問題を起こした際に知り合い、親しくなった。

南蛮人に近い容姿の景のことを美しいと感じ気に入っている。2人の子供がいるが、妻はすでに亡くしている。

登場作品

村上海賊の娘

時は戦国時代。織田信長をも震え上がらせた海賊の女性、村上景の戦いを描いた歴史コミック。「週刊ビッグコミックスピリッツ」'15年第37・38号から連載の作品。原作は和田竜の同名小説。 関連ページ:村上海賊の娘

SHARE
EC
Amazon
logo