真中 孝典

真中 孝典

最上の命医(漫画)の登場人物。読みは「まなか たかのり」。真中 有紀とは親族関係にある。

登場作品
最上の命医(漫画)
正式名称
真中 孝典
ふりがな
まなか たかのり
関連商品
Amazon 楽天

概要

真中有紀の父親で養老重利の義息にあたる。高校教師をしていた。帝王大附属病院に入院して補助人工心臓を使用しながら、心臓移植のドナーを待っている。さらに潰瘍性大腸炎を発症して人工肛門の装着が不可避と診断。しかし桐生危の執刀で人工肛門の装着を免れ、その後は移植を待たず補助人工心臓での生活に適応しようと努めた。

執刀前にわざと軽薄な口調で安心させようとする危を見て、正真正銘の名医だと信頼を抱く。

関連人物・キャラクター

桐生 危

平聖中央病院の心臓血管外科医で、桐生奠の弟で桐生棗の兄。西條命と同い年の若手だが、手術の技量は同等の天才で、不遜な自信家でもある。命と同じく海外勤務の経験があるが、その際に危険な手術を強行して患者を死... 関連ページ:桐生 危

真中 有紀

平聖中央病院の若手移植外科医で、小児外科復活に際して転属を志願した3人の1人。帝王大学総長・養老重利は母方の祖父だが、ただし母親と養老は犬猿の仲である。父親の真中孝典は補助人工心臓をつけ、心臓移植のド... 関連ページ:真中 有紀

登場作品

最上の命医

アメリカで医学を学んだ後、日本の大病院で小児外科を職場に選んだ天才外科医・西條命。患者軽視の病院経営、医局の派閥争いなどに立ち向かいながら、用意周到な行動力と医療への情熱で周囲の人々を変えていく。 関連ページ:最上の命医

SHARE
EC
Amazon
logo