真中 有紀

真中 有紀

最上の命医(漫画)の登場人物。読みは「まなか ゆき」。真中孝典とは親族関係にある。

登場作品
最上の命医(漫画)
正式名称
真中 有紀
ふりがな
まなか ゆき
関連商品
Amazon 楽天

概要

平聖中央病院の若手移植外科医で、小児外科復活に際して転属を志願した3人の1人。帝王大学総長・養老重利は母方の祖父だが、ただし母親と養老は犬猿の仲である。父親の真中孝典は補助人工心臓をつけ、心臓移植のドナーを待っている状態。養老は帝王大附属病院に入院させてやる代わりに、有紀に西條命の足を引っ張るよう指示していた。

有紀も最初は命を疎ましく思って悪事に手を貸したが、中内美也子の手術と養老の失脚後に改心。小児外科に移って命を支えているうち、愛情を抱くようになる。

関連人物・キャラクター

真中孝典

真中有紀の父親で養老重利の義息にあたる。高校教師をしていた。帝王大附属病院に入院して補助人工心臓を使用しながら、心臓移植のドナーを待っている。さらに潰瘍性大腸炎を発症して人工肛門の装着が不可避と診断。... 関連ページ:真中孝典

西條命

西條生の弟。父親は彫刻家で、海外での活動が多い。生後すぐ完全大血管転移症の心臓手術を受けた経験から、小児外科医を目指すように。小学生時代、自分の手術を執刀した神道護から大いに感化される。やがて父親の仕... 関連ページ:西條命

関連キーワード

平聖中央病院

『最上の命医』に登場する病院。私立の大病院で、全国に57の病院を擁する平聖グループの一角。救急車が渋滞すると言われるほど忙しい病院として知られ、あちこちの医局から研修医や若手医師が修行に派遣される。西... 関連ページ:平聖中央病院

登場作品

最上の命医

生後すぐに心臓の手術を受けて一命を取り留めた西條命。これを機に小児外科医を志した命はアメリカで医学を学び、腕利きの若手外科医として帰国する。その後、日本の大手私立病院・平聖中央病院を職場として選択。平... 関連ページ:最上の命医

SHARE
EC
Amazon
logo