真名井 草十朗

てるてる天神通り(漫画)の登場人物。読みは「まない そうじゅうろう」。

  • 真名井 草十朗
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
てるてる天神通り(漫画)
正式名称
真名井 草十朗
ふりがな
まない そうじゅうろう

総合スレッド

真名井 草十朗(てるてる天神通り)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

天志が就任する前の天神通り町内会長で、50年もの間会長を務めていた商店街の生き字引。骨董屋「まない」を営んでいたが、今は孫の草輔に店を任せ、世界中を旅して回っている。ひょうひょうとしてとらえどころのない性格で、商店街の皆に一目置かれている。かつて会長職にあったため、おフクとは旧知の仲。

登場人物・キャラクター

天神通り商店街にある洋菓子屋「カンパニュラ」の一人息子。大学受験に失敗して帰省したところを、強制的に町内会長に就任させられてしまった。ぶっきらぼうな性格だが、人に頼まれると断れず、責任感も強いので、彼...
天神通りに住む土地神で福の神。人智を超えた神通力を持っており、天志がご町内の平和を守るのを手助けする。普通の人間には見えないが、町内会長の証である町内会長バッジを着けることで、姿を見ることができる。神...

関連キーワード

個性豊かな商店と、そこで働く個性豊かな人々が集まる商店街。古くから土着の土地神と関わりを持ち、人間と土地神とがお互いに支え合って暮らしている。現在は主人公幸村天志が、町内会長を務めている。

登場作品

大学受験に失敗し、実家に戻った主人公幸村天志は、実家の洋菓子屋が所属する天神通り商店街の町内会長に強制的に就任させられる。雑用を押し付けられて苛立つ天志。そこへ福の神のおフクが現れ、町内会長の本当の職...