真木村

真木村

アタックNo.1(漫画)の登場人物。読みは「まきむら」。

登場作品
アタックNo.1(漫画)
正式名称
真木村
ふりがな
まきむら
関連商品
Amazon 楽天

概要

富士見高校1年の冬、チームに参加した。鮎原こずえの同級生。学内でも有名なガリ勉で、中間試験トップ。学歴至上主義でスポーツを軽蔑するかのような態度を取るが、体育の授業で150センチのハイジャンプを記録。中学時代はバレーや様々なスポーツをやっていたことが判明した。憧れの柳川先生から「2週間だけバレー部に入部してくれ」と頼まれ、イヤイヤながら入部。

こずえの猛烈なしごきに耐える。後に本郷監督より、こずえ早川みどりに継ぐアタッカーと名指しされるまでに成長。特徴は脇まで届く細い三つ編みおさげ。

関連人物・キャラクター

鮎原 こずえ

腸が弱く、リンパ腺が腫れる病気で、東京の両親の元から叔父、叔母のいる静岡県富士見市富士見が浜にある富士見学園に転校してきた(当時中学2年生)。後日、両親も富士見が浜に越してきている。転校当初はスポーツ... 関連ページ:鮎原 こずえ

登場作品

アタックNo.1

病気療養のために転校してきた主人公の少女、鮎原こずえは、バレーボールで健康を取り戻し、日本を代表するプレーヤーになる。こずえがバレーボールを通して成長していく姿を描く。 関連ページ:アタックNo.1

SHARE
EC
Amazon
logo