真渕 拓馬

真渕 拓馬

宮本から君へ(漫画)の登場人物。読みは「まぶち たくま」。真淵 敬三とは親族関係にある。

登場作品
宮本から君へ(漫画)
正式名称
真渕 拓馬
ふりがな
まぶち たくま
関連商品
Amazon 楽天

概要

早明大学ラグビー部に所属し「怪物」の異名をとった巨漢。泉谷建設資材部部長である真淵敬三の息子。父である真淵敬三によって幼いころからラグビースクールに入れられ、大学までラグビーを続けたが、父親に反発してラグビーをやめて現在は外交官を目指して勉強している。真淵敬三と一緒に飲んださいに酔い潰れた宮本浩を車で自宅まで送るが、そのさいに中野靖子の部屋に上がり込み、宮本浩が泥酔して起きないのをいいことに彼女を強引にレイプする。

さらに復讐のために真淵親子の所属するラグビーチームの試合にやってきた宮本浩を返り討ちにし、前歯3本を折る傷を負わせる。その後、真淵敬三と親子喧嘩をした後、恋人の住むマンションに転がり込んでいたところを、再び宮本浩に襲撃される。

いったんは優勢になるが命がけでかかってきた宮本浩に敗北し、睾丸をつぶされる。

関連人物・キャラクター

中野 靖子

神保和男と共に起業することになったプログラマー・重松の会社の後輩。宮本浩とは、神保和男に誘われて参加した飲み会の席上で知り合う。その後、大東製薬への文具納入の案件で行き詰まった宮本と再会。平手打ちで宮... 関連ページ:中野 靖子

真淵 敬三

建設会社・泉谷建設の資材部部長。大野平八郎とは大学時代に同じラグビー部に所属していた旧知の仲。現在も太陽製菓のラグビーチームに共に所属している。大野平八郎から紹介された宮本浩から文具納入の営業を受ける... 関連ページ:真淵 敬三

登場作品

宮本から君へ

文具メーカーに勤務する新人営業マンである宮本浩が、仕事や恋愛を通じて一人の男として成長していく姿を描いたサラリーマン漫画。新井英樹の代表作で、1992年度第38回小学館漫画賞青年一般部門受賞。 関連ページ:宮本から君へ

SHARE
EC
Amazon
logo