真琴の母

バラ色の聖戦(漫画)の登場人物。読みは「まことのはは」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
バラ色の聖戦(漫画)
正式名称
真琴の母
ふりがな
まことのはは

総合スレッド

真琴の母(バラ色の聖戦)の総合スレッド
2016.10.07 14:20

概要

三木真琴の実母。眼鏡をかけ小太りの、ごく普通の主婦。夫も健在。三木家の近所に住んでおり、時々訪問して家事を手伝ったり、幼い子どもらを預かったりして、真琴を助けている。モデルを志望する真琴と、それに反対する夫・三木敦司との衝突では真琴の肩を持とうともするが、普通の主婦として家庭に留まり安定した生活を送ってほしい、との思いもしばしば覗かせる。

登場作品

三木真琴は大阪に住む30歳の主婦。日々育児に忙殺されていたが、夫・三木敦司の浮気を目撃し、その浮気相手の結婚式に仲人代理で出るよう頼まれる。屈辱を感じながらもプライドから背筋を伸ばして仲人の務めを果た...