真田 広章

それでも町は廻っている(漫画)の登場人物。読みは「さなだひろゆき」。

  • 真田 広章
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
それでも町は廻っている(漫画)
正式名称
真田 広章
ふりがな
さなだひろゆき

総合スレッド

真田 広章(それでも町は廻っている)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

茶髪の男子高校生。歩鳥の幼馴染で、現在も同じ高校のクラスメイト。幼いころから歩鳥に好意を抱いているが、歩鳥があまりに鈍感なため、それらしい素振りを見せても全く気付いてもらえないでいる。度々、歩鳥と恋仲になる妄想をしているが、いざ実践となるとまったく想いを伝えることができない奥手さに、自身でも呆れている。

歩鳥のメイド姿を見るため、メイド喫茶「シーサイド」に足しげく通い憩いの場としていたが、辰野俊子がアルバイトとして加わることになり、二人だけの至高の時間を過ごせなくなってしまった。幼いころに母親を亡くしており、今は魚屋を営む父・真田勇司と二人暮らしをしている。

登場人物・キャラクター

『それでも町は廻っている』の主人公で黒髪ショートの女子高校生。いわゆる「美人」ではないが愛くるしい顔立ちをしている。高校入学と同時に、今まで10年間カレーをただ食いしてきたツケとして、磯端ウキが経営す...

関連キーワード

磯端ウキが経営している喫茶店。歩鳥と辰野トシ子がアルバイトをしている。元は普通の純喫茶だったが、メイド喫茶の流行を耳にしたウキが、突然リニューアルを決め、メイド喫茶へと生まれ変わった。だが、メイド喫茶...

登場作品

下町の雰囲気が漂う丸子商店街。推理小説が大好きなポジティブ女子高生、嵐山歩鳥は、高校に入学すると同時に、今まで10年間カレーをただ食いしてきたツケとして、喫茶店シーサイドでメイドとしてアルバイトするこ...