真田 志郎

宇宙戦艦ヤマト2199(漫画)の登場人物。読みは「さなだ しろう」。別称、真田。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
宇宙戦艦ヤマト2199(漫画)
正式名称
真田 志郎
ふりがな
さなだ しろう
別称
真田
別称
技術長
別称
副長
別称
先生

総合スレッド

真田 志郎(宇宙戦艦ヤマト2199)の総合スレッド
2016.09.01 15:31

概要

29歳。階級は三佐。宇宙戦艦ヤマトの乗組員にして技術長ヤマトの技術部門を統括している。また、ヤマトの就役当初から副長に任命されており、艦長の沖田十三が倒れたときなどは、代わりに艦の指揮を執る。古代守とは宇宙防衛大学からの友人。そして、直接の部下で情報長の新見薫は当時の後輩で、彼女からは「先生」と呼ばれている。

だが、メ号作戦で出撃する古代守たちが囮であることを告げられなかったという暗い過去がある。愛読書である「中原中也詩集」は、がメ号作戦に向かう際に、彼からもらったものである。その技術力はヤマトでもトップクラスで、その知識がヤマトの危機を救う。

さらにイスカンダル星からもたらされた次元波動エンジンの力を利用して、独自に波動砲も開発した。性格は冷静沈着で、やや無愛想。

登場作品

西暦2199年、8年前に接触したガミラス人との宇宙戦争に敗れた地球人は、遊星爆弾が地表に降り注ぐ中、地下都市で滅亡の危機に瀕していた。そんな地球に救いの手をさしのべたのが、16万8千光年彼方にある大マ...