真田 武志

真田 武志

スーパードクターK(漫画)の登場人物。読みは「さなだ たけし」。西城カズヤとはライバル関係。

登場作品
スーパードクターK(漫画)
正式名称
真田 武志
ふりがな
さなだ たけし
関連商品
Amazon 楽天

概要

寄生虫やガン発生装置など医学を悪用して権力者の走狗となり、力を得ようと目論む人物であり、K(西城カズヤ)の宿敵の一人。財閥三田グループ会長の座を狙う社長岩下貞男に雇われ、会長の命を守るKと対決する。結果、悪事が暴かれ逮捕されるものの金の力で仮釈放された。

再度、Kと対決した後、日本から逃亡。東南アジアのマリピアで由自党の木村茂実夫と知り合い、口ひげと顎ひげを蓄えた姿で帰国、三たびKと衝突する。最後にはニューセルゲイ共和国でアニマル・ウェポンの研究をしていたが、上官に裏切られて銃撃され、同国の国民50万人を道連れに核爆発で死亡した。

父親も医師だったが、善意から独自開発した薬剤を患者に使用して投獄され自殺している。真田徹郎(TETSU)という弟がいる。

関連人物・キャラクター

西城カズヤ

身長190cm以上、筋骨隆々の大男で、革ズボンにブーツ、ボロボロの袖無しシャツにマントを着用。マントの裏にはメスなど最低限の医療用具を収納している。少なくとも江戸時代から独自の医術を継承してきた医師の... 関連ページ:西城カズヤ

登場作品

スーパードクターK

どこの病院も属さず医療活動を行い、人々の命を救っていく天才医師、K(西城カズヤ)。彼は代々独自の医術を継承してきた医師の一族であり、最先端の医療技術も身につけたスーパードクターだった。時に、彼の技術を... 関連ページ:スーパードクターK

SHARE
EC
Amazon
logo