眩桃館

眩桃館

宵闇眩燈草紙(漫画)、麻倉美津里が開いている店。読みは「げんとうかん」。

登場作品
宵闇眩燈草紙(漫画)
正式名称
眩桃館
ふりがな
げんとうかん
関連商品
Amazon 楽天

概要

怪しげなものが並んだ古道具屋ということになっているが、商売目的ではない。美津里が飽きた収集品を置いてあるだけらしい。蔵にはさらに怪しげなものが保管され、地下図書館などにも通じている。ずんぐりした卵形の体型の、同じ顔をした召使が何人もいる。木下京太郎が立ち寄って、人外のものと関係を持つきっかけになった。

登場作品

宵闇眩燈草紙

回診専門の闇医師、木下京太郎は平凡な人物であった。彼の周囲には、何かとトラブルを持ち込んでくる友人、古道具屋の女主人である麻倉美津里や、異能力を持ち裏の仕事をしている居候の長谷川虎蔵などがいた。彼らの... 関連ページ:宵闇眩燈草紙

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
宵闇眩燈草紙
logo