眼力の百蔵

眼力の百蔵

忍者武芸帳 影丸伝(漫画)の登場人物。読みは「がんりきのももぞう」。別称、眼づけの熊。

登場作品
忍者武芸帳 影丸伝(漫画)
正式名称
眼力の百蔵
ふりがな
がんりきのももぞう
別称
眼づけの熊
関連商品
Amazon 楽天

概要

片目の猟師。火縄式二連銃を使い、射撃の腕は名人級。結城重太郎を狙った後で影丸に命を救われ、懇願して家来となった。後に蔵六の元で坂本の馬借隊の隊長となって働き、明智十人衆の一人との撃ち合いで、燧石式の銃に敗れ死亡している。

関連人物・キャラクター

影丸

野武士を自称し、各地で起こる農民たちの土一揆を支援して、武士階級打倒の戦いを進める謎の忍者。無風道人から愛州陰流の陰の流れを受け継いだ弟子で、影分身など様々な忍びの術を駆使する。特殊能力を持つ男たちを... 関連ページ:影丸

登場作品

忍者武芸帳 影丸伝

群雄割拠する戦国時代末期、親の仇坂上主膳を追う結城重太郎は謎の忍者影丸と出会う。虐げられる者のために戦う影丸と影一族は織田信長の天下統一の野望に抗って活躍し、坂上主膳が明智光秀の影武者になったことから... 関連ページ:忍者武芸帳 影丸伝

SHARE
EC
Amazon
logo