• 伝説 (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • 瞑想

瞑想

瞑想

伝説(漫画)のジロウ・サヤマが実践する思考技術。

登場作品
伝説(漫画)
正式名称
瞑想
ふりがな
めいそう
関連商品
Amazon 楽天

概要

一流の科学者が集う研究都市の若き青年市長アヌ・シャガールが提唱した理論で、膨大な情報群が泳ぐ無意識界を意識的に作り出し、直観やひらめきを得ることができるというもの。ジロウが瞑想で得る解の正答率は、90%以上になる。ただし実践には、才能と訓練が必要とされており、万人が使用できる技術ではない。

非科学的なもののように捉えられがちだが、瞑想状態における脳細胞の電気パルス変運動は、現在の科学大系の基礎となっているラダ科学でも証明されている。

登場作品

伝説

巨大流星群が降り注ぎ、大被害を被った西暦2505年の地球に、突如出現した謎の植物群ジュマの正体を、優秀な生態学者イオ・フレミングが解明する『樹魔』の1ヶ月後の世界を描いた続編。生物の遺伝子に干渉して超... 関連ページ:伝説

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
伝説
logo