矢作

気分はもう戦争 (漫画)の登場人物。読みは「やはぎ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
気分はもう戦争 (漫画)
正式名称
矢作
ふりがな
やはぎ

総合スレッド

矢作(気分はもう戦争 )の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

サングラスをかけた漫画原作者。原作の矢作俊彦をモデルとした登場人物であり、しばしばメタフィクショナルな話をする。中ソ戦争が始まりそうなことを聞きつけ、作画の大友に情報屋として一稼ぎしようと持ちかけた。予想より早く戦争が始まってしまったため、計画は水に流れてしまい、更には戦争漫画を書いているせいでシベリア行きを危惧し日本から逃亡しようとした。

しかし、相方の大友の意見に従って、戦場からのルポルタージュ漫画を作ることを決意、彼と共に戦線へと向かうことにする。

登場人物・キャラクター

背が低く、少し小太りな漫画家。作画の大友克洋をモデルとした登場人物であり、しばしばメタフィクショナルな会話を矢作とする。楽観的で明るい性格であり、中ソ戦争が始まった時には矢作に戦場でのルポルタージュ漫...

登場作品

アメリカとソ連の冷戦が続く198X年。長く続く中国とソ連の国境問題に変化が起こる。ソ連軍が突如として中国領内へと侵攻、中ソ戦争が勃発した。日本国憲法に則り、第三者として戦争に関わらないようにする日本だ...