矢島 明美

矢島 明美

サラリーマン金太郎(漫画)の登場人物。読みは「やじま あけみ」。矢島 竜太とは親族関係にある。

登場作品
サラリーマン金太郎(漫画)
正式名称
矢島 明美
ふりがな
やじま あけみ
関連商品
Amazon 楽天

概要

目が不自由だが明るい少女で、誰からも好かれていた。金太郎とは相思相愛の仲だったが、八洲連合の敵対チームのメンバーに強姦され、心に大きな傷を負う。彼女のからっぽの心を取り戻すために金太郎は全東京を走破する大暴走を行い、その愛情をしっかりと受け止めたことで彼女は立ち直った。

後に、生まれ故郷に帰って金太郎と結婚したが、竜太を出産するときに亡くなった。

関連人物・キャラクター

矢島 金太郎

漁師をやっていた際に漂流中の大和守之助を救った縁で、ヤマト建設の総務部庶務課の見習い社員として採用される。大和会長が派閥争いに勝利した後は営業部の正社員となり、以後は東北支社勤務、ナビリア出張、営業二... 関連ページ:矢島 金太郎

矢島 竜太

金太郎と明美の間に生まれた長男。父の背を見て育ったため、家族とのふれあいを最も大事に思っている。学業が非常に優秀で、金太郎がヤマト建設を退社した際、東京に残って有名私立中学に通うことを勧められたが、家族と一緒に故郷に帰り、地元の中学校に編入する道を選ぶ。

登場作品

サラリーマン金太郎

学歴がなく元暴走族で今は漁師。人を惹きつける天性の才能を持った矢島金太郎が、サラリーマンの世界をがむしゃらに駆け上がっていく姿を描く。漫画家本宮ひろ志が得意とするサクセス・ストーリー。 関連ページ:サラリーマン金太郎

SHARE
EC
Amazon
logo