矢崎 正介

矢崎 正介

柔侠伝(漫画)の登場人物。読みは「やざき しょうすけ」。

登場作品
柔侠伝(漫画)
正式名称
矢崎 正介
ふりがな
やざき しょうすけ
関連商品
Amazon 楽天

概要

凛々しい顔立ちの男性で柔道家。講道館四段の段位を持ち、実力は随一。バイオリン弾きや松柴久三の元で車夫をしていた時に、講道館に挑戦しようとする柳勘九郎と出会い、不思議な縁で結ばれる。後に早稲田大学に進み、卒業後は早稲田実業学校で教師をしながら小説を書き、柔道の鍛錬を続ける。

関連人物・キャラクター

柳勘九郎

左目に古傷がある逞しい男性の柔道家。登場時19歳。鬼勘と呼ばれ、必殺技鬼巻き込みを編み出す。九州小倉で生まれ、起倒流柔術の達人である父柳秋水から過酷な修練を受けて育つ。明治38年(1905年)講道館に... 関連ページ:柳勘九郎

登場作品

柔侠伝

明治38年(1905年)、柳勘九郎は講道館に挑戦するべく上京した。しかし矢崎正介ら様々な人物と出会い、また事件に巻き込まれることで思わぬ道を進むことになる。 関連ページ:柔侠伝

SHARE
EC
Amazon
logo