石仮面

石仮面

概要

もとは古代アステカで使われていたもので、血液に反応して仮面の縁の部分から何本もの骨針が射出され、それが被る者の脳髄に刺さることで人間に眠る力を引き出す。ただし被験者は超人的な力を得る代償として吸血鬼になってしまう。メキシコの遺跡より若き日のウィル・A・ツェペリが偶然発掘し、その後行方不明となっていたが、やがてロンドンの美術商を経由してジョースター卿の手に渡り、屋敷の壁に飾られていた。

それに偶然飛び散った血液に反応して骨針が発動したのを目撃したことがきっかけで、ジョナサン・ジョースターは大学で石仮面を研究し、ディオ・ブランドージョナサン・ジョースターの殺害に利用しようと企む。

しかしディオ・ブランドーが酔漢を使って人体実験をしたところ、吸血鬼に変貌。あやうく殺される寸前となるが、ちょうど昇ってきた朝日によって吸血鬼が蒸発し、命を救われる。そしてディオ・ブランドーの数々の策謀が露呈して追い詰められた結果、石仮面は彼が吸血鬼となって人間を超越するために使われる。

関連人物・キャラクター

吸血鬼

『ジョジョの奇妙な冒険 Part 1 ファントムブラッド』に登場する怪物。本作では人間が石仮面を被って骨針に脳髄を刺されることで吸血鬼となる。牙や手などから人間の血液や精気を吸うことで力を得ており、元... 関連ページ:吸血鬼

登場作品

ジョジョの奇妙な冒険 Part 1 ファントムブラッド

主に19世紀後半の英国を舞台に、主人公の青年ジョナサン・ジョースターと、吸血鬼と化する宿敵ディオ・ブランドーの因縁の戦いを描く。『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズ第一部となる作品で、『ファントムブラッド... 関連ページ:ジョジョの奇妙な冒険 Part 1 ファントムブラッド

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
吸血鬼
登場作品
ジョジョの奇妙な冒険 Part 1 ファントムブラッド
logo