石垣 直角

おれは直角(漫画)の主人公。読みは「いしがき ちょっかく」。

  • 石垣 直角
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
おれは直角(漫画)
正式名称
石垣 直角
ふりがな
いしがき ちょっかく

総合スレッド

石垣 直角(おれは直角)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

父である石垣小太夫の「武士道は曲がることなく、常にまっすぐな心で行動すべし」という教えを真に受けて育つ。曲がったことが大嫌いで、なんでも直角なものを好み、自分が道を曲がるときは、直角に曲がる癖がある。学問はからきしだが、武芸において秀でており、必殺技直角斬りを独自に編み出す。誰とでも分け隔てなく接する性格で、町人たちの友人も多い。

武士道とは常に戦場の心を持つべきとの考えから、萩明倫館に武芸を広めるべく剣道部を創設し、二年生に進級した後は生徒会長になる。

関連キーワード

主人公石垣直角が通う、長州藩の藩校。伝統のある名門校で、毎年多くの生徒が江戸の昌平黌へと進学している。規律を守り、礼儀を重んじた教育で、身分の高い武士の子どもばかりが通っている。長州藩に実在した同名の...
『おれは直角』に登場する必殺技。主人公の石垣直角が、さまざまな仕掛けを作った納屋の中で訓練して独自に編み出した。剣の軌道を直角に曲げることで、相手の攻撃や受け太刀をかわしながら切り込むという技。

登場作品

家柄の正しい上士の子どもばかりが通う名門校・萩明倫館に、下級武士の子でありながら通うことになった主人公の石垣直角は、自分の信じる武士道を突き進み、周囲の人々を巻き込んで大暴れ。当初は戸惑っていた同級生...