石婚島

石婚島

べアゲルター(漫画)、字忍の生まれ故郷の日本海の離島。読みは「いしぐなぎじま」。

登場作品
べアゲルター(漫画)
正式名称
石婚島
ふりがな
いしぐなぎじま
関連商品
Amazon 楽天

概要

渡航するには、鳥取港から船で5時間かかる。忍がいた頃は漁業しか産業のない島だったが、今は売春島として名をはせ、巨大な利権を生んでいる。しかし、売春島というのは見せかけの姿に過ぎず、実際は、医薬品開発の多国籍企業ヒルマイナ社による違法な開発実験の場にされていた。新堂九良彦噪天会が縄張りとして島を仕切っている。

登場作品

べアゲルター

根無し草の女・字忍は懸巣組の金を持ち逃げしようとしてあっさり捕縛された。懸巣組若頭・東は忍に彼女の故郷・石婚島で行われる取引での商品強奪に協力すれば、命を助けると持ちかける。否応もなく同意した忍だが、... 関連ページ:べアゲルター

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo