石森 章太郎

石森 章太郎

まんが道(漫画)の登場人物。読みは「いしもり しょうたろう」。

登場作品
まんが道(漫画)
正式名称
石森 章太郎
ふりがな
いしもり しょうたろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

高校在学中に『二級天使』の連載で彗星のごとくデビュー。上京後に新漫画党に入り、トキワ荘にも入居する。漫画を描くスピードが速く、一晩で16ページも執筆するなど、新漫画党の中で最年少だが一番の売れっ子作家となった。実在の漫画家、石森章太郎がモデル。

関連キーワード

新漫画党

『まんが道』に登場する組織。寺田ヒロオが中心となって『漫画少年』に作品を載せている若手漫画家のグループ。結成時のメンバーは寺田ヒロオ、満賀道雄、才野茂、永田竹丸、坂本三郎、森安直哉で、後に鈴木伸一、石... 関連ページ:新漫画党

トキワ荘

『まんが道』に登場する場所。東京・椎名町にあるモルタルの2階建てアパートで、ここで満賀と才野が青春時代を過ごした。二人のほかに寺田ヒロオ、鈴木伸一、石森章太郎、赤塚不二夫など新漫画党のメンバーの多くが... 関連ページ:トキワ荘

登場作品

まんが道

漫画を描くことが好きな二人の少年満賀道雄と才野茂は手塚治虫の『新宝島』に衝撃を受ける。「漫画」という共通の夢を持った二人は合作という執筆体制をとって、憧れの手塚治虫の背中を追いかけプロの漫画家を目指し... 関連ページ:まんが道

SHARE
EC
Amazon
logo