石浜 文吾

石浜 文吾

BUNGO-ブンゴ-(漫画)の主人公。読みは「いしはま ぶんご」。

登場作品
BUNGO-ブンゴ-(漫画)
正式名称
石浜 文吾
ふりがな
いしはま ぶんご
関連商品
Amazon 楽天

概要

中学1年生の男子。静央シニアのメンバーの一人。左投げ左打ちで、守備位置はピッチャー。基本的に運動神経がよく、足も速い。凝り性で、何事もそれを追及せずにはいられない性格をしている。小学生の時は金魚の世話が大好きで、取り憑かれるようにやっていた。野球を始めたきっかけは、父親の石浜雅則にグローブを買ってもらった事で、それからは毎日自宅で壁当てをしていた。

ただ、黙々と壁当てをしているだけではなく、どういう体の使い方をすれば速い球を投げられるのか、と試行錯誤していた。そのため、中学校入学時点では野球は未経験だったが、投げる事に関しては既に野球経験者を驚かせるほどになっていた。最初は雅則から買い与えられたグローブが右利き用だった影響で右で投げていたが、静央シニアに入ってからは利き手である左投げになった。

右でもそれなりに球速は出るが、左の方が指のはじきや繊細な感覚が優れており、ボールにスピンが利き、ノビもある。ピッチャースタイルはそのストレートのノビを何よりの武器としている。1年次は上本牧シニア戦で途中登板して快刀乱麻のピッチングを披露して、2年次からの活躍も期待されていたが、エースナンバーは鮎川瑛太に奪われている。

それでも十分にいいピッチャーである事には変わりなかったが、瑛太の陰に隠れがちな立場が続いていた。本人はそれでも腐らずに愚直に努力を重ね、3年次には初めて変化球の習得に着手してカーブを会得した。また、野球を始めたばかりは不安視されていた守備やフィールディングの悪さも改善されている。

登場作品

BUNGO-ブンゴ-

野球は未経験ながらピッチングの才能にあふれる少年、石浜文吾の成長と、仲間との友情を描く野球漫画。リトルシニアを舞台としている。「週刊ヤングジャンプ」2015年3号から連載の作品。 関連ページ:BUNGO-ブンゴ-

SHARE
EC
Amazon
logo