石田 ユウ

石田 ユウ

大阪ハムレット(漫画)の登場人物。読みは「いしだ ゆう」。石田充治とは親族関係にある。

登場作品
大阪ハムレット(漫画)
正式名称
石田 ユウ
ふりがな
いしだ ゆう
関連商品
Amazon 楽天

概要

松田宏樹と同じ学校に通う小学6年生で、男子全体のボスのような立場にある。巨体で髪を茶色く染め、ピアスをしている。派手で迫力のある風貌からいじめっ子のように思われがちだが、実際は一本気で人情味のある性格で、弱い者いじめはしない。思慮深く聡明で、石田充治の孫で、充治が親類縁者との関係を改善させるのに一役買った。

関連人物・キャラクター

石田充治

石田ユウの祖父。麩の製造工場の社長を務めるが、脳の疾患で倒れてからは、一命はとりとめたものの全く口をきくことができなくなり、ほとんど動くこともできなくなった。非情な性格で、意地が悪く、子供の頃から現在... 関連ページ:石田充治

松田宏基

小学校4年生の男子。親しかった叔母を亡くしてから「女の子になりたい」という願いを宣言するようになり、両親や教員、同級生の女子の理解のもと学校生活を送る。学校祭の演劇ではシンデレラの役を演じる。 関連ページ:松田宏基

登場作品

大阪ハムレット

大阪の男子中学生・久保行雄は、国語教諭に「ハムレットのようだ」と言われ、その言葉の真意を知って憤慨する。実の父親が亡くなってから間をおかず、叔父が母と交際するようになり、家に居着いている状況になぞらえ... 関連ページ:大阪ハムレット

SHARE
EC
Amazon
logo