石田 三成

劇場版 戦国BASARA -The Last Party-(アニメ映画)の主人公。読みは「いしだ みつなり」。徳川家康とはライバル関係。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
劇場版 戦国BASARA -The Last Party-(アニメ映画)
正式名称
石田 三成
ふりがな
いしだ みつなり

総合スレッド

石田 三成(劇場版 戦国BASARA -The Last Party-)の総合スレッド
2016.01.25 12:30

概要

豊臣秀吉を唯一の主として崇拝している武将で、豊臣軍の残党を取りまとめた石田軍の大将。武器とする刀で、目にも留まらぬ早さの斬撃を繰り出す。秀吉を討った伊達政宗に計り知れない憎悪を抱いており、復讐を果たすことが全てであると考えている。

かつて豊臣軍で同士として戦った徳川家康に対しては、共に秀吉の仇を討つことを望んだが、志は異なり道が分たれる結果となった。

登場人物・キャラクター

織部とともに織田信長の家臣団に属しており、その頃は「羽柴 秀吉」を名乗っていた。愛嬌のあるふるまいの反面、冷徹な計算と策略で戦や物事を動かすことを得意とする。織部同様に利休の弟子で、彼とともに信長を滅...
三河一帯を収める戦国武将。質実剛健で実直な性格の持ち主で、茶の湯や数寄にはあまり興味は無い。さらに質素を旨とし贅沢を毛嫌いしているために、信長の供応の際に織部がこしらえた果物の盛り合わせに激怒したこと...
独眼竜と恐れられた仙台藩初代藩主。眼帯に並々ならぬ情熱を注ぐ眼帯マニア。「ガンター」とも称される眼帯大名で、日々新しい眼帯の開発に余念がない。重量100キロの「重り眼帯」や「焼き魚眼帯」、「くさり眼帯...

登場作品

覇王・豊臣秀吉の引き起こした動乱は終結した。しかし、戦乱の世は未だ終わることはなかった。奥州の伊達政宗の前に突如現れたのは、凶王・石田三成。彼は崇拝する主、豊臣秀吉を討った政宗への私怨を剥き出しにする...