石田 佐吉

石田 佐吉

センゴク 天正記(漫画)の登場人物。読みは「いしだ さきち」。

登場作品
センゴク 天正記(漫画)
正式名称
石田 佐吉
ふりがな
いしだ さきち
関連商品
Amazon 楽天

概要

後の石田治部少輔三成。実在の武将・石田三成をモデルとしている。秀吉子飼いの幕僚。元々は茶坊主であったためか、いつもにこやかに笑顔を絶やさず、丁寧な言葉遣いで対応する。算術が得意であった事から、仙石秀久が命じられた検地を補佐。その後どんどん頭角を現し、黒田官兵衛と並ぶ参謀となる。

鳥取城攻略の際は、敵方の兵糧の量を推測し兵糧攻めに貢献する。

登場作品

センゴク 天正記

天正年間。「小谷城の戦い」における功績により千石を拝領した仙石秀久は、一介の兵から家臣団を率いる指揮官としての立場になっていた。武田家、一向宗による織田信長への包囲網は続いており、仙石秀久も羽柴秀吉子... 関連ページ:センゴク 天正記

SHARE
EC
Amazon
logo