石野

石野

センセイの鞄(漫画)の登場人物。読みは「いしの」。別称、石野先生。

登場作品
センセイの鞄(漫画)
正式名称
石野
ふりがな
いしの
別称
石野先生
関連商品
Amazon 楽天

概要

かつてのセンセイの同僚で、現在も50代でまだ現役の美術の女性教師。かなり短いショートカットにしている。若いころも同じ髪型。大町月子も授業を受けたことがある。月子が高校の頃は、石野先生はまだ若く、いつも美術準備室にいて、生徒たちに人気があった(女子高生にはあこがれの対象)。

しかしそのころ、月子石野先生が使う「自分で焼いた手びねりの益子焼のコーヒーカップ」に軽い嫌悪を抱いていた。彼女は月子が在学中に社会科の教師と結婚した。高校教師の同窓会のような花見の通知をセンセイに送る。センセイに呼ばれて花見に参加した月子は、センセイ石野先生が親しそうに話をするのを見て、嫉妬に近い感情を覚える。

登場作品

センセイの鞄

37歳のOL大町月子は、ある日居酒屋で自分と同じ肴を頼む初老の男に気づく。その男は月子の高校時代、古典を教えていた松本春綱だったが、彼女はすぐ思い出せずにとっさに「センセイ」と呼び、以後それが呼び名と... 関連ページ:センセイの鞄

SHARE
EC
Amazon
logo