碧井 ネロ

血まみれスケバン・チェーンソー(漫画)の登場人物。読みは「あおい ねろ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
血まみれスケバン・チェーンソー(漫画)
正式名称
碧井 ネロ
ふりがな
あおい ねろ

総合スレッド

碧井 ネロ(血まみれスケバン・チェーンソー)の総合スレッド
2016.09.18 13:03

概要

科学者を志す中学3年生。天才的才能を持つが、陰湿かつ残虐な性格。左目の斜視が特徴。夏休みの自由工作に同級生の飼い猫を使った「死んでるのに生きているネコ」を作ったことがきっかけでイジメにあった。しかし、その恨みを原動力とし、ナチス関連の書籍を読み漁り、自分の帝国を作るため同級生たちを次々と改造死体へと変え「GGZC(ゴアゴアゾンビクラブ)」を組織。

同級生唯一の生き残り、鋸村ギーコを狙っている。

登場作品

夏休み明けの始業式の日、科学者志望の女子中学生・碧井ネロは自由工作に「死んでるのに生きているネコ」という狂気の工作を持って現れた。材料に使われたものが同級生のゴッちんが飼っていたネコだということもあり...