碧姜

青春の尻尾(漫画)の登場人物。読みは「へききょう」。西王母とは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
青春の尻尾(漫画)
正式名称
碧姜
ふりがな
へききょう

総合スレッド

碧姜(青春の尻尾)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

水を司る鬼女で、西王母の十番目の娘。背が高く、鋭い目をした美女で、髪型は尻まで伸ばしたポニーテール、ビキニ鎧を着ている。諸葛亮が「幽明界の桃」を食べたため、碧姜ら鬼界の四姉妹は彼に従うことになった。しかし、道理がよくわからない諸葛亮が、碧姜をややこしいやり方で呼び出してしまったため、以後、彼女らの召喚は男性器を用いなければいけなくなり、術を使わせるには性交で快感を与える必要が生じる。

四姉妹の中でも碧姜が特に嫉妬深く、諸葛亮が人間の女性といい仲になると土砂降りの雨を降らせる。

登場人物・キャラクター

鬼女四姉妹の母にして天上界の女王。豊満だが魅力的な中年女性として描かれている。いつも全裸である。夫は太上老君。

登場作品

黄巾の乱に端を発する騒乱の三国時代初期、仙人志望の青年諸葛亮孔明は、チャンスを貰って不老不死の仙人になる試練に挑戦するが、六百余年生きた心壊了に仙人の真実を説かれ、世のために事を成そうと決心する。彼は...