磯良

海神記(漫画)の主人公。読みは「いそら」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
海神記(漫画)
正式名称
磯良
ふりがな
いそら

総合スレッド

磯良(海神記)の総合スレッド
2016.07.11 19:04

概要

古代日本の九州地方の南側に暮らす、主に漁で食料と生活の糧を得る「海人(あま)」の若者。両の目じりに魚の尾ひれのような入墨を入れている。海底火山噴火による津波で村が失われ、仲間たちとともに海伝いに移り住んでゆく。津波の際に海から現れたミケツを災害の象徴として怨んでいたが、アドベのイソラからミケツの舟の「舵取り」の役目を受け継いだ。

またオオタラシによってもたらされた神託によって「サイモチ」の神を鎮める役割に選ばれ、「天の逆矛(あまのさかほこ)」を武器として使用した。

登場作品

九州の南の海で起こった海底火山の噴火と、それにともなう津波が「海人(あま)」と呼ばれる人々の暮らす村を壊滅させた時、後に「海童(わたつみ)」と呼ばれるようになる謎の子供が海から現れる。津波によって故郷...