祐姫

陰陽師(漫画)の登場人物。読みは「すけひめ」。主上とは親族関係にある。

  • 祐姫
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
陰陽師(漫画)
正式名称
祐姫
ふりがな
すけひめ

総合スレッド

祐姫(陰陽師)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

『陰陽師』に登場する怨霊。民部卿元方の娘でプライドが高く、キレやすい性格。主上の第一皇子広平親王の母。中宮安子の憲平親王に東宮の座を奪われ、息子広平親王にも死なれて、父元方と憤死。成明と憲平に祟っている。安倍晴明の屋敷に入って身動きできなくなり、真葛の遊び相手として双六をやらされたことがある。

元方とセットで現れることが多い。

登場人物・キャラクター

10代の少女。鬼が見える見鬼のため、安倍晴明の屋敷に住み始める。度胸が座っており、負けず嫌いで、怨霊相手でも容赦しない。祐姫と双六をしたり、菅原道真のオヤジを碁で負かしたりしている。非常に弁が立つ。一...
今生天皇、のちの村上天皇。よく楽の会を催しており、源博雅の管弦の才を愛でている。臣籍降下した親戚の博雅を通じて、たびたび安倍晴明に内密の相談を持ちかける。晴明には、よく「あの男」呼ばわりされている。

登場作品

平安時代、稀代の陰陽師安倍晴明はその友源博雅と共に毎度鬼や怨霊の絡む都の問題解決に当たりながら、それぞれの魂を成長させていく。